引越しを「楽」にする方法と言っても、何を楽にしたいと思っているのかによっておすすめの方法は違います。たとえば、「作業を楽にしたい」と思っているのであれば労力面での負担を軽減する方法を優先することになりますし、「費用の負担を楽にしたい」と思っているのであれば真逆のアプローチが必要になってきます。ただ、いずれにしても効果的だとされる方法はある程度決まっています。以下でそれぞれの状況に応じてどのようなアプローチが効果的なのかを解説していきますが、どちらにも共通して言えるポイントは「目的に対して直線的なアプローチをすること」です。回りくどい方法でも同じ結果を得ることは可能ですが、できる限り複数の「楽」を享受できるように考えることが賢明です。

「労働力」に関する部分の負担を軽減する方法

引越しの方法として、すべての作業を自分だけもしくは自分の交友関係を利用して行う方法と、引っ越し業者を利用して行う方法の二つがあります。いずれの方法を選択するのかは個人の判断によりますが、「労働力を楽にする」ということであれば、明らかに後者の方がおすすめです。専門の業者に作業を依頼する場合、ほとんど自分自身は何もせずに引っ越しを完了することも可能です。もちろん、何かしらの作業を担うことになる可能性がない訳ではなく、その時々の状況に応じて労働力の負担は変わります。ただ、すべてを自分一人で行う場合は非常に大きな負担を負うことになってしまうのは明白であることを踏まえると、その効果は容易に想像できるでしょう。しかし、労働力を節約するということは、その対価として費用を掛けることになりやすく、その点をしっかりと考慮しておくことも大切です。

「費用」に関する負担を軽減する方法

労働力を楽にする場合に対し、費用面での負担を楽にする場合は「できる限り個人で作業を担当する」という方法がおすすめです。もちろん、引越し業者を利用した場合でもある程度は費用を節約することができますが、少しでも業者を入れて行う場合とまったく入れずに行う場合では、少なく見積もっても数万円の違いが出ます。特に、単身で近県程度の距離であれば、労働力の差よりも費用負担の差を重視した方が、メリットが大きくなる可能性が高いです。中長距離の引っ越しとなれば負担がまったく違うので一概には言えませんが、そういった状況を加味して「総合的な負担(コスト)」を節約するための選択をするように意識しましょう。業者を利用して費用を節約する場合は、複数の業者を競合させて割引を狙う方法が効果的です。