一生のうちで1回は体験する可能性がある引越し。単身者であれば比較的簡単にできそうですが、家族等だとちょっと大変な事も出てきます。いくら業者に依頼してやってもらうとしても、全てお任せパックなどといったコースを利用すれば、それだけ費用も嵩みますし、女性としては全てお任せというのも気がひける部分もあったりで、結局は自身などでできる事はやっておくベーシックなパックやコースを選ぶという人や家庭が大半です。しかし、当日までに何をすればいいのか、荷物等が多ければ多いほどどこから手をつけるべきかわからないという人も多くいます。当日までギリギリ使う物もあれば、新居に持っていくつもりがない物などもあり、順序としても考えなければなりません。引越しのためにしておきたい事にはどんな事があるのでしょうか。

見積りを取る前にやっておくべき事

引越しする事が確定となった場合に、業者などに依頼をする人が大半ですが、見積りを取りに来てもらうまでにしておくべき事は、とりあえず要る物と要らない物の仕分け片付けです。新居に持って行かない物などは早めによけておきます。なぜその必要があるのか。もちろん当日にバタバタと混乱しないようにする、スムーズにする為でもありますが、見積り時には、不要品をリサイクルや無料で引き取りをしてくれるサービスを提供している業者があり、見積り時にそれがわかっていれば、含めて見積り費用を算出してくれます。またおすすめなのは、業者は1社だけでなく3社程度見積りを取り、サービスなど比較検討する事です。費用もかなり違いが出てきますし、見積りは無料ですので色々調べて比較検討しましょう。

お得な日取り等を教えてもらってリーズナブルに

引越しする日は日取りにこだわる家庭などもありますし、やはり結婚や新居生活スタートシーズンなどは需要が高まる為、費用も高めになるのが現状です。また費用の中には人員数も含まれており、当日来てくれるスタッフが多いほど費用も増します。もし費用をリーズナブルに抑えたいのであれば、自身などである程度、荷物を片付けて新居に予め運び入れたり、荷造りを始めておくのがおすすめです。それは見積り前に行いましょう。見積り時にはその時にある荷物の量で費用と当日導入する人員数が算出されます。新居に予め運び入れる事ができない場合には、見積り時までに自身で運び入られるものはチェックして纏めておき、その旨業者に伝えるのがおすすめです。いずれにしても、見積り前にはある程度仕分けと片付け、当日までには運び入れや荷造りが必須。段ボールなどは無料で貸し出し可能なので、使わない物はこまめに少しずつ纏めておき、必要最小限の物で遣り繰りし、生活上必要なものは当日纏めやすいようにかためておくと良いでしょう。

お電話でのお問い合わせは8:00~21:00までフリーダイヤルにて受け付けています。 女性のリピーターが続出している、女性限定の特別サービスをご用意しております。 関東からの遠距離引越しにも格安プランで対応しております。 家具などの普段手の届かない場所の掃除はスタッフがお手伝いします。 無料の引越しお見積もりは、HPで24時間・年中無休で受け付けています。 引越しをするならおすすめの安心引っ越し業者へ